長谷川メンタルヘルス研究所

Loading...

感情調節困難支援ワークショップ

テーマパーソナリティ障害、発達障害、摂食障害、依存症などで感情調節困難な方の理解と臨床的支援のスキル向上
内容

講義と実習とディスカッションを通して、宣言的知識(分かること)と手続き知識(できること)の相乗的向上を図ることにより、感情調節困難の支援のスキルを向上させる。

  1. 感情調節困難について
  2. ヘルピングスキルの理解と実習
  3. 弁証法的行動療法の理解と日本での応用、
  4. スキーマ療法の活用
  5. 学習した理論、スキル、方略を、ロールプレイと対人関係プロセス想起法(Interpersonal Process Recall: IPR)を活用して練習する。
日時と場所

1日目)
2013年12月14日(土)11:00~18:00
駒澤大学 駒沢キャンパス1号館202号室

2日目)
2013年12月15日(日)9:30~16:30
駒澤大学 駒沢キャンパス246会館7階

参加資格
  1. 感情調節困難ケースを持たれている方(BPD,双極性障害,摂食障害,依存症等)。(ケースをまだ持っていない方は申し込みの際にそのことを明記して相談してください。)
  2. 守秘義務を守れる方。
  3. 原則として、全会参加できる方。時間の都合がどうしても付かない方はその旨、申し込みのときに相談してください。
申込み方法
    1. 研究所ホームページの申込みフォーム  http://www.positive-mh.org/erd/erd_privacy.html
    2. E-Mail erd@positive-mh.org
    3. 電話 03-5459-2188
締切り2013年12月2日まで募集期間を延長します(定員になり次第締め切ります)
参加費用¥31,500円
主催団体

(一社)長谷川メンタルヘルス研究所 所長 遊佐 安一郎
東京都渋谷区代官山17-1 代官山アドレス・ザ・タワークリニックフロア

03-5459-2188   http://www.positive-mh.org/
印刷用PDF 印刷用案内はこちら

【会場詳細】

所在地)〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1
交通機関)東急田園都市線「駒沢大学」駅下車。「公園口」の出口を出て、徒歩約10分。

  • (一日目)駒澤大学 駒沢キャンパス 1号館202教室
  • (二日目)駒澤大学会館246 7階会議室