楽器奏者向けサービス

音楽家のジストニアでお困りの楽器奏者の方々に向けて下記サービスをご用意しています。


音楽家のジストニアの症状変動には不安やストレスの関連が示唆されていますが、昨今、症状によるストレスが広義のトラウマとなりうることが示唆されました(精神神経学雑誌 第124巻 第3号 2022年3月30日発行)。
一方、認知行動療法を用いた先行研究では不安、抑うつ、QOLに加え、機能障害の低減が報告されています
(https://onlinelibrary.wiley.com/doi/epdf/10.1111/ncn3.12344)

安定したメンタルヘルスは、症状軽減や、治療およびリハビリテーション効果の享受などに繋がると考えられます。

1.個人

認知行動療法を主体としたセラピーを実施いたします。
ご要望により、認知行動療法以外のカウンセリングも行っています。
ご不明点、オンライン実施などについては、ご遠慮なくご相談ください。

2.グループ:音楽家のジストニア支援ネットワーク

演奏活動と音楽家のジストニアという経験を共有できるメンバーが集まり、身体・心理・社会的な悩みの軽減に向けて情報交換や学び合いを行うことを目的としたグループです。
スケジュールは追って告知いたします。
ネットワークへのご参加希望は、随時受け付けています。

お申込み・お問い合わせ先

長谷川メンタルヘルス研究所:03-5459-2188

Twitter、Facebook、Peatixもご参照ください。